2019年5月4日

信州中野の豊かな恵み、安心の農作物をお届け / Na Harvest 信州中野山の幸

written by storyMarche
in category 出店者紹介

【店名】Na Harvest(ナハーベスト)
【ジャンル】信州中野山の幸
【ご担当者】浜田 聖さん
【拠点所在地】神奈川県藤沢市片瀬

震災直後に長野の実家から届いた物資の安心感

藤沢市で浜田聖さんが営む「Na Harvest」は、浜田さんのご実家のある長野県中野市で作られた農作物を、農家から直接仕入れて販売しているお店です。浜田さんがこのお店を始めたのは、2011年7月から。東日本大震災から約4ヶ月後のことでした。

「震災の時、湘南に暮らす戦後生まれの私たちは、初めて食料や物資が手に入らないかもしれない…という恐怖を体験しました。その際に、長野県中野市の実家から届いた野菜や米や味噌は、単に『食料』という役割だけでなく、『こんなに豊かな食材と愛がある』と、私に深い安心感を与えてくれました。 大丈夫! 日本には、素晴らしい農家さんがいっぱいいるよ、素晴らしい食べ物がいっぱいあるよ! それをせめて知り合いだけにでも伝えたいと思ったのがスタートです」と、浜田さん。

お店の名前「Na Harvest」の、「Na」は、長野県・中野市の「Na」。「Harvest」は、豊かな実り、収穫、収穫祭のようなイメージで名付けたそうです。

土づくりからこだわった農作物を

浜田さんのご実家も、もう120年も続く農家です。そんな浜田さんが販売するにあたって最も大事にしているのは、「どんな環境で、どんな人が、どんな気持ちで育ててくれた野菜なのか」。それがハッキリと分かるものだけを仕入れるために、マルシェ開催日やお店の営業日の前には、毎回北信州を自分で回って仕入れしています。

そんな「Na Harvest」の農作物は、茅ヶ崎ストーリーマルシェでは朝早くから地域の方々が楽しみに並んでいるほど人気です。特にお年を召した方などは、信州から届く新鮮で安全な農作物を心待ちにしている様子。中野市のことを知っている方や、長野に住んでいたという方も茅ヶ崎に意外と多くいるそうです。

「人気のある商品は、有機栽培米コシヒカリ。 50年来、有機栽培を続けてきた田んぼには、カブトエビや、メダカ、ドジョウがいっぱい生息しています。 豊かな土が実らせるものは、穀物だけでなく生き物もまたしかりです。それから、無農薬丸大豆100%使用、有機栽培米コシヒカリの麹100%使用の丸大豆味噌もファンが多い商品です。出汁をとらなくても、味噌が美味しいと、美味しい味噌汁ができるんですよ」

湘南の子ども達に農業体験も

春には田植え体験、秋には稲刈り体験を、もう8年間も開催し続けている浜田さん。中野市にも畑や拠点を整備し、横浜や湘南の子ども達にさまざまな農業体験をしてもらう試みも行っています。リンゴが木になるんだということも、初めて知る子ども達がいるそうです。

物があふれる時代に、目の前に見えている商品や農作物の向こう側にある背景を思いやれることが大切かもしれません。「点と点ばかりではなく、線になることが大事」と浜田さんは言います。つまりはストーリーを子ども達に体感させているんですね。

農家にとって、野菜などをJAや一般市場に出荷する際には、「規格」に合った見た目もきれいなものを作らねばなりません。そのためには農薬や化学肥料を使わざるを得ない場合も。生活者である私たちも「農薬が少ない方が良い」と言いながら、つい店頭では見た目の整った野菜を選んだりしがち。本当に安全な農作物とは、どんな作られ方をしているんだろう?ということを、私たちももっと勉強し、体験して見る目を養う必要があるのかもしれません。

茅ヶ崎の人は、人懐っこくて暮らしを大事にしている

茅ヶ崎ストーリーマルシェに出店し始めた初期の頃は、店舗のある藤沢市片瀬のエリアとは違うお客様に、どのように北信州の農作物が受け入れていただけるかと心配な部分もあったという浜田さんですが、出店を続けるうちに茅ヶ崎のお客様の良さをたくさん発見したようです。

「茅ヶ崎のお客様は人懐っこくて距離が近いように感じます。ちゃんとこちらの気持ち、行動の意味を理解してお買い求め下さる方が多く、意識の高さに驚きました。片瀬からも目と鼻の先ほどしか離れていないのになぜかな?と思いましたが、それは主催の松尾建設の皆さんが地域で築き上げてこられた信頼あってのものだろうと感じています。その信頼に傷をつけないためにも、私達も、しっかりとした商品をお届けしたいと思います」

茅ヶ崎ストーリーマルシェに出店して、湘南地域で活動している方々とのつながりも増え、毎回大切なことを教わっていると浜田さん。去年9月から藤沢市片瀬の古民家を改修して「tiny store」という名前で営業も開始しました。北信州の食文化を伝えると共に、こだわりの詰まった心地よい衣服や雑貨を通して「心地よい生活」=「正常な生活」=「normally life」を考える場として、さまざまなワークショップも開催をしています。
湘南と長野、海と山、ローカルとローカルのつながりから、さらなる展開が広がっていきそうですね。

【お店情報】

Na Harvest(ナハーベスト)
所在地:神奈川県藤沢市片瀬3-3-37 tiny store *店舗あり
TEL:070-4454-3471
MAIL:green@na-harvest.com
*営業日・営業時間はSNSなどでご確認ください

Facebook:https://www.facebook.com/na.harvest55/
instagram:https://www.instagram.com/naharvest/